研究内容

地理空間情報による領域横断的なデータバリューチェーンの構築

世界の全データの80%に地理空間情報が含まれていると言われています(here)。実際、気象予測のような科学分野から、衛星観測などの工学、地域特産を扱う農業、GPS搭載車両を生産する産業、あるいは交通・物流といった社会基盤に至るまで、あらゆる領域において地理空間情報は出現します。

本研究では、そうした共通要素「地理空間情報」をキーにして、様々な領域を横断するデータバリューチェーンの設計と構築を行っています。これまでに、研究データの共有といった学術研究への貢献や国際プロジェクトの支援を行ってきましたが、今後はバリューチェーンの付加価値分析や新たなビジネスモデルの提案といった社会への貢献も検討していく予定です。

20160527_seiken_ono